基本方針

サンフランシスコ日本語補習校 学校運営の基本方針

  1. 学校運営の基本方針

    本校は、日本語による教科学習や日本的な学校行事を行い、日本の学校や社会に適応できる素地を養うことを通して、日本に対する理解と啓発を推進する。

    また、様々な環境で育ってきた子供たちに対して日本の学校教育を実践し、「日本語で学ぶ力」と「異なる環境を受け入れる資質」そして「個性を伸ばし自己の生き方の実現に向けて力強く生きる力」 を培い、日本人のアイデンティティを理解する力を育てる。さらに、在外教育施設の特徴を活かして、国際社会に生きる力を育てる。

  2. 本校の教育目標

    『確かな力を身につけ、国際社会に活躍する児童・生徒の育成』

  3. めざす学校像

    1. 日本の学習内容が確実に身に付く学校
    2. 互いの良さを認め合い、まとまりのある学校
    3. 一人ひとりの個性を伸ばせる学校
  4. めざす幼児・児童・生徒像

    1. めざす幼児像

      1. 友達と仲良く遊べる子ども [人間関係]
      2. 日本語であいさつや会話ができる子ども [言葉と表現]
      3. 病気やけがをしない子ども [健康]
    2. めざす児童像

      1. 日本語力を身につけ、日本語で学べる子ども [学習力]
      2. 友達のいいところを見つけ仲良くする子ども [協調性]
      3. 善悪を判断し、正しく行動する子ども [自立]
    3. めざす生徒像

      1. 確かな日本語力を身につけ、日本語で思考し表現できる生徒 [学習力]
      2. 他者の考えの中に良さを発見し、それを吸収する生徒 [協調性]
      3. 自律の精神を基盤にし、個性を伸ばす生徒 [自立]
  5. めざす教師像

    1. 幼稚部

      1. 豊富な知識、教養のある保育者
      2. 幼児、保護者に信頼され、尊敬される保育者
      3. 幼児の可能性を広げるために、一人ひとりの個に応じた指導ができる保育者
    2. 小学部・中高部

      1. 組織を大切にして協力しあい、自分の役割に責任をもつ教師
      2. 日本の学校文化の具現化とより良い教科指導に向け、熱意をもって研究と修養に努める教師
      3. 子どもたちのために生徒指導や学級指導などの充実に努める教師
      4. 子どもたち一人ひとりの良さを理解し、一人ひとりを大切にする教師