理事長あいさつ

理事長 林竜也

木々の緑も色鮮やかになり、春の陽気が感じる季節となりました。

新入生の皆さま、ご入学おめでとうございます。これから日本語での学習が始まります。皆さまは、教科ばかりでなく、さまざまな日本文化の体験もします。ぜひ日本語補習校生活を楽しんでください。

進級された皆さまは、新しい学年となり、希望や期待で胸がいっぱいだと思います。目標を持って、日本語補習校での生活を有意義なものにしてください。

保護者の皆さまにはいつも補習校を助けていただき、心より感謝申し上げます。

皆さまも既にご存知のように、本校は、今年で創立50周年を迎えます。

1969年11月26日付けでカリフォルニア州に提出された基本定款により、サンフランシスコ日本語補習校は、カリフォルニア州非営利法人としての一歩を踏み出しました。その後、日本国政府文部科学省および外務省、在サンフランシスコ日本国総領事館の皆さま、そして北加日本商工会議所(JCCNC)、多くの保護者の方々や地域社会のご支援を受け、今では、サンフランシスコ地区およびサンノゼ地区にそれぞれ2校の校舎を構え、1700 人もの児童・生徒が在籍する世界でも最大規模の補習校にまで成長しました。

この50年で、サンフランシスコ・ベイエリアは、世界のIT産業の中心地になるとともに、世界情勢や経済状態も大きく変わりました。さまざまなものが生まれては消えていく歴史の大きな流れの中で本校がこれまで存続し、成長してこられたのは、創立以来不変の本校の基本理念と目的が受け継がれ、そして皆さまのご支援があったからこそだと確信しております。

本年度も学校運営の基本理念の下、安全で楽しく学べる補習校運営を目指して、理事会・教職員そして保護者が一丸となり取り組んでまいります。

皆さまのなお一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。