Warning: Creating default object from empty value in /home/sfjlcc5/public_html/wp-content/plugins/user-access-manager/user-access-manager.php on line 3212
幼稚部・小学部サンノゼ校 NEWS « サンフランシスコ日本語補習校

» 幼稚部・小学部サンノゼ校 NEWS

11/9 挨拶係

後期の挨拶係活動は、4年~6年の児童会委員の児童たちが、縦割りで当番を組みました。縦割りで当番を組むことにより、上級生が、下級生に「挨拶係」の仕事内容を教え、いい挨拶の手本となり、児童主体の活動がさらに推し進められました。補習校の朝は挨拶から。気持ちいい1日の始まりです。

11/9 学年朝会 3年

「大きな声を出して、はっきり群読しましょう。」3年生の学年朝会では、各クラスに別れて、声を出し、息を合わせて読む練習をしていました。大きな声を出すだけではなく、「息を合わせること」これが、とても大切です。友達の声に耳を傾ける。クラスの気持ちが1つになる。そんな心を育てるのも、特別授業の意義の1つです。

11/9 昼休み特別授業練習

児童が主体となって活躍する特別授業。6年生にもなると、楽器演奏も児童がします。リズムを合わせ、それぞれのパートが入ります。先生の指導を受け、何度も練習する姿は、真剣そのものです。児童一人ひとりの力が一つになって、特別授業が仕上がっていきます。

11/9 幼稚部制作「七五三」

日本では、11月15日は「七五三」の日です。幼稚部では、千歳飴袋の制作をしました。千歳飴を知らない子が多く、その形状や色、そこに込められている子どもたちの健康や長寿、成長を願う話を先生から聞きました。鶴を折り紙で、亀を自由に描き、糸を通して完成させました。「千歳」まで長く健康でいられますように。子どもたちの成長の願いが込められています。

11/2 図書コーナーを利用しましょう

毎週保護者のボランティアの方々が、朝から本を倉庫から出して並べたり、返却本の整理をしたりして、休み時間に本をめがけてやってくる子どもたちのためにご準備をしてくださっています。先月から新たに436冊の本も蔵書に加わりました。読書の秋です。みなさん、図書コーナーを利用してたくさん本を読んでください。

11/2 幼稚部「秋の実り」

秋には美味しいものがいっぱいありますね。幼稚部の子どもたちは、家庭から秋の食べ物を1つ持ってきました。そして、図鑑や本でその物がどのように実をつけるのか同じ物を持ってきた友達と調べ学習をしました。調べたことを元に先生からの質問です。「土より上に実をつけますか?」「野菜か果物ですか?」「生で食べられますか?」柿、キノコ、サツマイモ、蓮根、りんご、栗、様々な食べ物について知ることができました。

11/2 5年生幼稚部お世話係

9月から5年生の児童による、幼稚部の子どもたちのお世話係が始まりました。最初の頃は、互いに、どのように接していいのか分からない様子でしたが、今では、幼稚部の子どもたちも、お兄さんお姉さんが来てくれるのが楽しみです。そして、5年生の児童もとても上手に接することができるようになりました。「だるまさんがころんだ」「大繩とび」などなど、校庭は子どもたちの笑い声でいっぱいです。

11/2 特別授業の練習 6年生ダンス

学年朝会での練習はもちろんのこと、今月からは昼休みも練習が始まっています。6年生は、グループに分かれて、ダンスやスキット、ピアノ伴奏などなど、昼休みの練習も真剣です。息を合わせてみんなで仕上げる特別授業は、クラスを超えて学年とのつながりも深まります。みんなの手ですばらしい特別授業を作り上げましょう。

10/26 学年朝会5年

5年生の特別授業は、古典の学習に繋げて「わたしたちの万葉集」を群読します。学年朝会では、舞台でみんなの姿が見られるように隊形の練習をしました。本番では、「立つ・座る・移動する」などの動きを入れて、各クラスのみんなが活躍する姿を見ていただくことができます。楽しみにしてください。

10/26 幼稚部参観

幼稚部参観では、「ソーマトロープ」という「目の残像現象」を使った作品を作りました。「雨があがったら虹がでてきたよ」「ゴミを投げたらゴミ箱にゴミが入ります」などなど、子どもたちの豊かな想像力で楽しい「ソーマトロープ」ができあがりました。お父さんお母さんもにこにこ笑顔で、春からの子どもたちの成長した姿を嬉しそうに参観されていました。